全身脱毛キレイモの口コミ評価まとめ

全身脱毛キレイモの口コミ評判や店舗情報を掲載中!

*

光脱毛ってどんな脱毛施術?

光脱毛とは

光脱毛の特徴

現在、多くの脱毛サロンで主流となっている光脱毛は、毛根に組織にダメージを与える脱毛施術です。
レーザー脱毛より光の出力が弱い分、脱毛時の痛みが少ないという点で人気の施術となっています。
また、医療行為にあたらない施術方法であるため、クリニックではなくエステサロンで受けることができる施術です。
デリケートゾーン(VIOライン)の脱毛や、肌の弱い人の脱毛に適していて多くの脱毛サロンが導入する施術方法です。

ただし、光の出力が弱い治療であるがゆえ、効果を体感できるようになるまで回数がかかるほか、脱毛が完了するまでにある程度の日数もかかるのが特徴です。

光脱毛のメカニズムについて

照射器から発せられる光は黒い部分にのみ効果を発揮します。

照射すると、毛根付近にあるメラニン細胞に反応。
熱を加えて毛根にダメージを与えるため、やがてムダ毛は自然に抜け落ちるという仕組みです。

レーザー脱毛と比較し光の出力が弱く、照射の範囲も点ではなく、複数に散布されるようなイメージです。
そのため、痛みを感じる部位に熱を与えにくくなり、やけどや色素沈着などになるリスクを避けることができます。

個人差はあるものの、痛みというよりも刺激を感じることが少なく、毛が自然と抜け落ちるのを待つ施術であるため、毛を抜いたあとのように、毛穴が疼いたり痛みが残ることもありません。レーザー脱毛と比べて、一度に広範囲にわたり照射ができるため、施術に掛かる時間も短くすむのも、人気の理由です。

光脱毛は身体を害することはある?

光脱毛に使われている光は人体に害を与えない可視光線(※)と言う光を使用します。太陽から発せられる紫外線のように肌を日焼けさせたり、皮膚病等になるリスクのない安全な光です。

※可視光線とは、人の目の網膜にある視細胞の錐状体が、色の認知を起こさせる波動をもつ光のこと。
波長が380~780ナノメーターの光=電磁波に刺激されて色の認知を行います。

また、肌が弱い方であっても脱毛施術は受けることができます。
事前のカウンセリングの際に、自分の肌の特徴や体質を正確に伝え、カウンセラーと相談のうえ最適な施術方法を決めましょう。

日焼けをしている場合は脱毛はNG?

脱毛サロンの光脱毛施術にとって、日焼けした肌は大敵。
施術前に一定基準以上の日焼けをされている場合には、原則施術はしてもらえません。

その理由は、日焼け後の肌に脱毛マシンの光を当てた際、肌に過度の負担が掛かり、術後の肌トラブルの原因となってしまうためです。

また日焼けは術前だけではなく、術後もNGです。
光脱毛を受けたことで肌が過敏になっており、思わぬ炎症や肌トラブルの原因となることもあります。

代謝が落ち着くまでおよそ2週間前後を目安に日焼けをしない工夫が必要です。